FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒波の綿向山

その時は突然きた。


朝までセロ―で林道行こうと思っていたが、ワンコと散歩してて、帰って来た時ふと、やっぱ山行こ!


ここ最近、近所のお山を歩いて足ならししていたのもこの冬の為。


近所のお山は300mクラス。




そして、思い立った山は・・・



そこへ行く目的はいつも雪だった。


しかし、たぶん今日はまだかな?


いやいや、それより久々でどこまで登れるかの試し登りの気持ちで向かいました。





IMG_0985dd.jpg






車に放り込んだ装備

着いてから、あ!と思い出す忘れ物。


とりあえず登ってみるか。



一人だしとあまりにもお手軽に考え過ぎてきた。



一つ目の小屋までは舗装林道でそこまではダウンジャケット着る気温。

でも、すでに汗が出るので、ここからはインナーとフリース一枚。


気温は3度。


あ~~、着るものちゃんと選ぶべきでした。


ただのフリースだと風が吹いたら筒抜けでかなり寒い。


この上はダウンしかないので、上まで我慢。



IMG_0993dd.jpg




風がなければこれでも汗が出る。


九十九折れに高度をあげていく。


サポートに両手にスティックを持って来て正解だ。

ほとんど登り続けるのでかなり足への負担が減ります。


IMG_0994dd.jpg




3合目あたりの小屋で小休止。



IMG_0998dd.jpg




次の小屋が中腹だ。


とりあえず5合目までで無理なら折り返そう。


そう考えつつ到着。

ここまで来たらいい景色♪

すでに近所のお山より高い場所だ。




20171213cdd.jpg



IMG_1003dd.jpg





数年前の記憶から、もう少し行ってみようか。

もう少しで7合目の急登まえまで行けるはず。



IMG_1006dd.jpg



ここに来て、雪は無いけど霜柱が見れるようになってきた。


ここらから、たぶんマイナス気温だったんだろう。



IMG_1007dd.jpg





記憶通り、5合目からは緩い登りで7合目の冬道になる急な登り前に着いた。



風が強い。


ここからは尾根筋を登って行くので吹きっさらしだ。



IMG_1009dd.jpg



ザックにつけた温度計を見るのも惜しんで、あと少しだから行くか!



IMG_1012dd.jpg




しかし、久しぶりの高い山に足は結構疲労している。


時々休憩は取っていたが、ここからはほんとに山の斜面をはい上る道。




IMG_1013dd.jpg



数年前、2度来た時はいつも雪の道で、その方が階段の様に道になっていたが、今日はまだ雪が無く、砂と土の斜面。


滑らない様にさらに力が必要だ。


息も上がり、少し進んでは立ち止まって息を整える。


その間も容赦なく冷たい風は吹き続ける。


それまで帽子をかぶっていたが、耳の痛さにネックウォーマーを出して頭に巻いた。


これだけでかなりましだ。


いったい何度なんだろう?


雪のある時なら周りの木々に沢山の樹氷が見れたはずだが、頂上近くにも今日は無い様だ。


樹氷、それが目的だったのですが、このくらいの高さになると、登ることへの達成感と言うのも沸いてくるもので。



IMG_1017dd.jpg




見覚えのある道標が上に見えてきた時、すでに足をあげるのもきつかったけど、あそこまでとはい上った。




IMG_1018dd.jpg



竜王山への尾根筋も景色がよくていいのだけど、今日はパス。



IMG_1019dd.jpg



ついに頂上だ!



20171213dd.jpg





IMG_1022dd.jpg




石を三角に積んだケルンが見えてきた。


雪がある時と少し違うあっさりとした景色。


それでも、来た~っと疲れが吹き飛んだ。




IMG_1023dd.jpg

鈴鹿山系 綿向山 1110m

確か3回目の登頂だ。

残念ながら、今回は雪はありませんでした。


雲が低く垂れこめている景色だが、遠くまで綺麗な山並みが見渡せました。





IMG_1025dd.jpg





すぐ先に見える雨乞岳、100mほど高いだけなのに、あそこには樹氷があるようだ。



IMG_1026dd.jpg



ここの気温、凄い風が吹いているのもあるけど



IMG_1028dd.jpg


マイナス5度でした (^_^;)


スマホをいじる指先がすぐに痛くなりました。


ここで湯を沸かしてと用意して来たバーナーの圧が上がらず火力が弱い。

おまけに風も強い(-_-;)


少し温まった湯を投入した硬やきそばの様なカップ麺でもエネルギーになる、ありがたさ。


20171213gdd.jpg




冬山をなめてはいけませんね。

そう言えば、以前来た雪の景色の時は無風だった。



なんとか登れました。


次回はきっと樹氷のある時に♪





20171213fdd.jpg




しかし、下りは早かったけど、膝腰に来てましたね(^_^;)

3合目で左足つりそうになった時はあせりました。


今日は朝が遅かったので少し余裕がなかったような。

登り2時間15分、下り1時間半くらいかな。



帰りに、SAMさんに教えていただいた水口のお気に入り老舗菓子店「大彌 」でお土産買いによったらお目当て売り切れで、初めてのお菓子。

そしたらチョコ味だけ面白くて、また買いにいこ♪^^



IMG_1045dd.jpg



この冬は寒い様ですね~
ポチって行って下さい~

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title

標高1,100m 寒いだろうなぁ あの六甲山ですら900mちょい この冬 岩湧山でがんばろうかな

元気だなぁ~

仙人さん おはようございます。

朝に思い立って登山。
私には、元気だなぁ~!!って、言うしかないですね(^^;
独りで‐5℃の世界。
想像つかない世界ですよ(笑)

綿向山

思い立って登るなんてすごいですね~
しかもマイナス5℃!

綿向山
今冬 挑戦してみたい山ですが
だらけきったこの足で登れるでしょうか ^^;

よっぱらいさんへ

六甲も900mあるんですね!
その麓に高校の頃住んでて、歩いて登った事あるのに知りませんでした^^;
岩湧山897m、頑張ってください^^
尾根筋に良い道があるようですね(今調べました)
気になる山発見^^

やす爺さんへ

こんばんわ。
まさかのマイナス5度ですから^^;
行けるとこまで!は、一人だともう少しもう少しと行ってしまいました。
雪国で見る景色と違う、登るにつれ出てくる雪は、あると凄い綺麗なんですよ~
今回ありませんでしたけど^^;

chiiさんへ

思い立ってですが^^そろそろ登ろうと思っていた場所でもあるので、準備はしていました。
しかし、今でもモモの筋肉が張ったままです。

いきなり無理は禁物ですよ。
下からの道のり、距離にして約4キロ登り続けます。
雪の降った後、是非に登ってみてください。
あの樹氷の景色は最高でした。
軽アイゼンは必須ですね。
今回残念なのは、今日雪が積もったらしいと言う事です~(^_^;)あ~~
非公開コメント

プロフィール

仙人

Author:仙人
BMW GSとYAMAHA SEROWで四季の景色を探して走ります。
そして時々HUSTLERも出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。