FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくつもの尾根を越えて その1

久しぶりの日の出時間の出発

この日は、長野の白馬でBMW motorrad Day が開催される日。


そのために休みを取っていたはずだった。


なのに今、なぜか走るは西への高速、右手に上がる日の出を見ながらアクセルをひねる。




P9090001a.jpg




この週末は本当にいい天気の様だ。


なかなかとれない連休

この機会を逃したら、いつ行けるだろう。


あの場所へいつか行ってみたいと言う思いは、もう数年前から抱いていた。




向かうは四国。



何で行こう・・・



距離もあるし、高速だからG650GSがまず候補。


でも、四国に入って私の選ぶ道。


絶対的にセロ―が有利!


長距離のセロ―は未体験だったが、以前テネレ660で行った時よりも、ジェベル250やTW225で向かった時の自由さが後を押してセロ―250で向かう事にした。


さすがに100km/h辺りで流れる車の流れに乗るのは精いっぱい。

でも、走行車線に居る限りはなんとかなった。

唸るエンジンにも慣れてきた頃、90km/hが綺麗に回るべストと見た。





P9090002a.jpg




近畿道から吹田を経由して神戸北あたりから山陽道へ。



ここまでメッシュジャケットにインナー付けていたら、まあまだ夏の朝だねと余裕で走れたが、それは街の話。


山間部へと進んで行くと、陽が差して来ているのに体はどんどん冷えていく。


とりあえず、グリップヒーターを点けて皮一枚のグローブで暖をとる。


さすがに山の朝はもうそろそろ秋の気配だ。






P9090003a.jpg





早朝に西に向かうのは久しぶりだ。




必死だが退屈な高速で、自分の影を追いかけて楽しむ。



なんだか懐かしい一人走り。


そして、一人キャンプ。





P9090005a.jpg




さほど点検もしないで積んできたキャンプ道具。


さてさて、どうなる事やら^^ 


一人だからなんとでもなるけどね~







ここ数年、山陽自動車道で西へ来たのは兵庫の西の端あたり。


久しぶりに岡山まで突入だ。





P9090009a.jpg




多少の起伏はある道のりだけど、速度も落とさずどんどん流します。


時々微妙に遅い車の後ろに付いて行くも、もう少し流したいと抜いてみる。



しかし、ここでセロ―の性能はここまでかと、追い越し車線でなかなか抜けない。


追い付いてくる早い車をミラーで確認しながら、左へ流れ込む。


空冷OHC250ccの限界見えた(^_^;

以前乗ってたジェベル250XCはもう少し余裕だったのにな~

やはり、油冷DOHCのなせるわざだったのかなぁ




しかし、セロ―の利点はこの後四国で思う存分発揮される事になるのでした。





瀬戸大橋が近づいてきた。



そろそろ給油できる吉備SAで燃料補給休憩。


岡山までノンストップで来てしまいました(~。~)


ここまで193km、約2時間。


これだけブン回していても、30km/Lは越えてました。





P9090012a.jpg





朝も軽く食べて出てきたので、水分補給と、燃料補給でスタート。




P9090013a.jpg





瀬戸中央道、バイクで通るのは初めてだ!




P9090015a.jpg





そろそろちらほら海が見えている。




このトンネルを抜けたら・・・







P9090018a.jpg






来た―ーーー   ピンボケやん(^_^;)





P9090019a.jpg



瀬戸大橋や~~


遠くまでつながってますねぇ





P9090020a.jpg




それにしても長い橋。


こりゃ風強い時は渡れませんね。



明石大橋や鳴門大橋と同じく、途中では止まれないので(島には降りれました)そのまま渡り切りました。




ついに四国イン!  お久しぶり~~~





P9090027a.jpg




とりあえず松山方面へ。



アクセルは緩めることなくどんどん走ります。



セロ―のデジタル速度メーター表示って、ほとんど2ケタまでの幅しかない様に見えます。


今まではそれで十分だったので、考えた事もなかったのですが


これって、3けたになったらどんな表示になるんだろう?と、走りながらふと思ったりしていた。



しかし、心配することなく、普通に百の位の縦棒 1 は表示されました^^;





P9090029a.jpg



左隅の細い隙間に 1 が追加表示。


まあ、百のけたに 2 を表示する必要性は無いバイクですから、このような感じになるんですね。


それにしても、もう少し余裕欲しいなぁと思った高速走行でした。



そして、徳島道と高知道の分岐をそのまま松山道で西へと走ります。




P9090031a.jpg





新居浜をこえ、しばらくしたら「いよ西条」でようやく高速を下りました。




P9090035a.jpg




ここから少しで山間部へ入るので、お昼御飯も食べれるか微妙。


と言う事で、コンビニで早々と非常食のカップめんとおにぎり、おやつと飲み物をチョイス。


さあ、あとは思う存分山を走ります。



その前に、燃料補給。



P9090036a.jpg




4時間でここまで来れちゃうんですね~~


バイクに余裕あったらもっと・・・

この大きさで350ccセロ―出ないかな~~(~_~;)





しかし、これから向かう山の天気が怪しすぎ。



これは霧の中かな?




P9090037a.jpg




交差点を曲がれば左折で山へと入って行きます。



まず目指すはUFOラインと呼ばれる所。





P9090039a.jpg





ここまで到達する時間次第でここはパスの予定でしたが、思いのほか早く来れたので、ここまで来たら通ってみたい道でした。




P9090040a.jpg



まっすぐ抜けたら高知県、


まずは高知と愛媛の境目の尾根を目指してみます。



国道194で長~~い寒風山トンネルを抜けたらすぐに左へUターン左折して登り始めます。






P9090044a.jpg




P9090046a.jpg





ここからいきなり、この先の険しさに耐えれるか試されている様に右へ左へ九十九折れのタイトターンの続く登り勾配。



気が付いたら、周りの山の景色が頂きに近づいている。





P9090049a.jpg




そう広くもない道に車の通行も結構多い。


カーブが多いので細心の注意が必要です。



時々林道の分岐があります。


ここも楽しそうですが、今日は道なりに。



P9090050a.jpg




ある程度登ると、旧トンネルの前に駐車場が出てきました。


登山者の為の場所でしょう。


茶屋までありました。



そして、ここを左折したら町道瓶が森線 通称UFOラインの始まりです。



P9090051a.jpg




そして、ここを過ぎると一気に山肌に張りつくような断崖の道になり、木々が開けたところの景色は、周りの山の尾根が下に見えるような景色の広がりになっていました。


相当高い場所を走っているのです。





P9090052a.jpg





かなりの距離をそんな道のりで進んで行くと、良く見る光景が見えてきました。





P1350569a.jpg





ここですね~~

凄い景色だ!


尾根、その向こうはどうなっているのか左と同じような切り立った風景なんでしょうねぇ。





P9090053a.jpg




土曜日の割にそう車もバイクも多くなく、寂しくない程度で天気も良く。。。


あれれの、下から見た時とは全然違ういい天気でした!



と言うのも、この尾根、南に見える晴れ渡る景色と、北に広がる景色の違いに自然の脅威を感じました。






P9090055a.jpg





少し、尾根の登山道を歩いてみる。





P1350570a.jpg




写真の下の風景で見ると、右が南のいい天気。

それが尾根の左の北側は完全に雲か霧で真っ白で何も見えないんです。


この境目は何で押さえられているんだろう。


北の霧は消して南に流れ出して来ないんですね~不思議不思議。






P9090058a.jpg






P9090059a.jpg





尾根筋に見える通る道は、ほんと恐ろしい場所を通っているなぁとつくづく思います。



良くこんな場所に道をつくったものだ。





P1350575a.jpg









P1350577a.jpg







「この尾根のすぐむこうの霧の中に石鎚山があるんだけどね~見えないね、残念だね。」


と、通りすがりの登山者の方が教えてくれました。


見えない残念と、この不思議な風景に出合えた喜びと複雑な旅の思い出。





P1350580a.jpg





南の景色はこんなに晴れ渡っているのに。 不思議不思議




P1350582a.jpg






そして、瓶ヶ森の尾根を抜けたら石鎚スカイラインへと降りて行きます。




P9090062a.jpg




P9090063a.jpg




ここからまだしばらくは対向車に注意の道が続き、石黒レストハウスのある場所まで来たら、いきなり対向2車線の快走ルートへ。


ここからはいいペースで流せます。



前に車がいなければ気持ちのいいワインディングロード。


頂上で時々並んで風景を撮っていたHONDAグロム125で来ていた方が、前で車に繋がって走っているのに追いついた。


彼も北側から登って来たようで、下から見た風景に絶望的だった様だが、上で写真撮りながら嬉しい裏切りに終始楽しそうにしていた。


そんな125CC、下りの道の速い事!


車が譲ると同時に、ランデブー走行。


負けじと追いすがるも、軽量有利のタイトコーナーの下り路。



しかし、それでも長い四国道。


行けども行けどもコーナーは続く。




P9090067a.jpg




その前に、ようやく別のバイクが見えて来て、今度は4台でツーリングペース。




それでも快走ルート、みんないいペース。





P9090069a.jpg





分岐が出て来て、私は国道へ左折。


前の3台はそのまま直進さようなら。


P9090071a.jpg



右は県道表示、左は国道表示なのになぜか文字が小さい国道の先。

これが四国の道の事情(汗)



瓶ヶ森林道石鎚スカイラインコースは、見ごたえ走りごたえあるけど時間かかる~~


と、近いであろうと読んだ国道494の罠にはまっていく仙人のこの後やいかに・・・



なかなか終わらぬ1日目ですが、続きます。(^_^;)




尾根の道最高~
ポチって行って下さい~

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村





出たな!四国の国道・・・いや、酷道!



P9090072a.jpg

スポンサーサイト

コメント

いいねえ~♫Ⅱ

仙人さんおはようございます。

いよいよツーリング開始ですね♪
瓶が森線 通称UFOライン
他の方のブログでも何度か見た道ですが、ホントに雲の境目がはっきりとされている写真は見たことがないですね。

>この境目は何で押さえられているんだろう。
このフレーズ、良い響きです(^^♪
いやあ~見てみたい!

No title

高速使うとほんと移動が早いですね タンデムで高速使わないと2日でやっと松山でした このあとどうなったのか楽しみにしています 私達は明日から下北半島目指します

やす爺さんへ

おはよございます。
自分の走ったツーリングは書くこと多くて最後に出発です(笑
この尾根道は定番だったし、下から見たら天気悪そうだったので、迷いましたが不思議な景色も見れてよってみて良かったと思いました。
剣山の時は尾根を渡る雲を見れたり、高い尾根の景色はいつも期待に応えてくれます。
四国はいいですよー

よっはらいさんへ

私も今までは橋だけ高速で、あとは下道が好きでしたが、一度がっつり高速でと試してみました。時間も2日でしたしね。
このあとが、よっぱらいさん好みだったのに(^^;
とりあえず、明日からの北の旅楽しんできてくださいね…でも、日本海は台風がついてくるかも、お気をつけて〜

私は。

私は四国にはクロスカブで行きたいな~、R80では狭い道やダートは走りたくないですね。

班長@みよし市さんへ

クロスカブ、四国でも人気でしたよー
愛媛辺りはしまなみ海道があるから渡りやすいのかもですね。
いい道もたくさんあるので、R80なら海沿いがいいかもですね。
非公開コメント

プロフィール

仙人

Author:仙人
BMW GSとYAMAHA SEROWで四季の景色を探して走ります。
そして時々HUSTLERも出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。