F700GSで、一人旅最北の地へ再び

2日目の朝

最北と言っても、何処か最果ての地とかではなく、一人バイクを走らせて向かった一番北の場所ということである。



宿に泊った朝はとても楽ですよね。

目覚めて身支度をして朝食をとったりして。


モーニングは野菜と卵とパンとコーヒーと、定番だ。



P1330327b.jpg





ハードケースに積んだ荷物はほぼそのまま、くくりつけたキャンプ道具もカバーをして一晩バイクとともに置いていたので、少しの着換えと手荷物程度を持ってチェックアウト。



P1330326b.jpg




今日の朝は、雨がシトシト・・・やばいかなぁ。


予報では、この先雨か曇りかなんて言うことだが、はたして前日に続いていい景色は見れるんだろうか。



そんな事を考えながら、近くのICから東北自動車道へと乗り込んだ。


今日の距離は言うほどでもないが、見どころいっぱい写真も沢山撮りたいので余裕を持っての行動予定。


東北道を北進して郡山JCTで磐越自動車道で会津方面へ。



すぐに見えてきた、磐梯山あたりの山並み




P1330329b.jpg




この山がどれなのかはわかりませんが、目的地はその奥の方。


雲は出てるわりに、そう天気は悪くなさそうだけど・・・





P1330343b.jpg




猪苗代磐梯高原ICで降りて国道へ


前に来た時は、ここまで1日で来てたような(^_^;)

走りすぎでしょ。汗





P1330350b.jpg




さあ、あとは知ってる道の様だし、のんびり向かいます。


この辺りではすでに雨は降っていなかった。




DSC_0852b.jpg




裏磐梯と言うより、吾妻山方面へ





P1330357b.jpg




雲がかかってる、と言うか先の方は青空。


この先どうかな~



早く早くと焦る気持ち  ワクワクが伝わってきます。





P1330358b.jpg





R115号からr30に入り、山へと登り始めると、見あげる景色から見降ろす景色へ。





P1330369b.jpg





日本の道100選 


この景色、前にも写真で見た覚えがあります。^^

自分の目では見た事無いので、どのあたりか位置関係はわかりませんが、知ってる方ならあ~ぁあの辺かとおわかり頂けるでしょう。。





P1330371b.jpg





うっすら浮かぶのは霧と言うより雲ですか。


だいぶ高いところまで来ているようだ。





P1330372b.jpg





ここも少しだけ紅葉の始まり。


寒い日が続いたら一気に色づき始めそうですね。






P1330387b.jpg






P1330391b.jpg





とにかく気持ちよさそうですね


天気予報が曇りや雨だったせいか、車が少なくて走りやすかったそうです。


まだ紅葉にも早いせいでもあるかな。





P1330392b.jpg





道路に書かれたこの辺りで一番高い道。

道路最高点1622m


偶然写ってました\(~o~)/


ここを過ぎれば浄土平だ。






P1330395b.jpg




バイクも沢山来ていました。


路面が一部濡れてたから、朝のうちは雨が降っていたのかなぁ。





P1330397b.jpg





P1330400b.jpg





少しだけ、歩いて登ってみましょうか。

あ! DAKARだ♪


あのデザインいいな~っていつも言ってるチョコさんでした。





P1330401b.jpg




前に来た時は吾妻小富士を登って火口周りを歩いたのですが、膝が心配なので、今日は途中まで。





P1330402b.jpg





あれ?振り返ると青空が広がり始めてます。


なんと、この後も天気は回復に向かうのでした。






DSC_0863b.jpg





8分目ほどで引き返し。


ここでも十分いい景色。


このあとまだまだ走らないといけないので、大人の選択。引き返し。(えらい!(TーT)成長したな!)




DSC_0861b.jpg



バイクに戻ってもう少し先へ


荒涼とした景色の中を走り抜けていきます。




P1330410b.jpg





P1330421b.jpg




そして、またまた来ました高い橋のある場所。





P1330424b.jpg



ここがどんな場所かわからなかったけど、今Googleで調べてわかりました。


向かいに見えてる橋が磐梯吾妻スカイラインで、ここは分岐の行き止まり。


そして、ここは・・・「つばくろ火」  ?




P1330426b.jpg




以前来た時の写真にもこのまま写っていました。

つばくろ火  ってなんやろ?


の疑問は、横に小さく写る説目看板の文字でわかりました(^_^;)


もう少し立て札上の方にして~

「つばくろ谷」って見えるように(^◇^)



しっかし、高い山の谷に高い橋、よく造りましたね。




P1330432b.jpg






普通に撮ったら、どうしてもこうなるんですよ~~


皆さんどうですか~




やっぱり つばくろ火 でした^^;
P1330433b.jpg




そして、ここで引き返してまた浄土平へ





P1330439b.jpg



いや~~天気予報ハズレバンザ―イ\(~o~)/な晴天です。





P1330442b.jpg




P1330446b.jpg





帰り道で写真を撮りながら、今日のお宿へ向かいます。




P1330449b.jpg





P1330452b.jpg






P1330457b.jpg





今日は突然の霧もなく快走快晴♪



P1330460b.jpg






P1330466b.jpg





自撮りは自然を使ってシルエット




P1330470b.jpg




降りていくよ~~



P1330472b.jpg





P1330473b.jpg





なんとも綺麗な秋の山


P1330475b.jpg





P1330477b.jpg





P1330479b.jpg





P1330486b.jpg






P1330483b.jpg






P1330490b.jpg





P1330492b.jpg





山を降りたら遅めのお昼ご飯。


昼遅めなのに、人気のようで少し待ちました。






P1330495b.jpg




やっぱり今日も天ぷらは外せない。




P1330496b.jpg




さあ、ここから今日のお宿は青空テント様。


目的の場所はまだまだ遠い。


磐梯山に別れを告げ猪苗代湖を越えていきます。




P1330502b.jpg




戻る方角だけど、山間部への道なので少しエスケープに高速で猪苗代磐梯高原ICから会津若松ICまで移動。



そこから国道の118で会津若松の街を抜けていこうとしたのが運のつき(=_=)


なんと鶴ヶ城辺りでお祭りだったのかただの街の混雑か大渋滞\(◎o◎)/!


田舎の車はのんびり信号しっかり!(当たり前だ)


あっという間に時間は過ぎていく。




市街地を抜けたら、余裕があれば快適でいい景色の道のり。



余裕がないから汗汗、写真もありません(T_T)



その道程をGoogleで確認しながら見ていくと、お!ここ通ってるやん♪

と、懐かしいあの場所をみつけました!


~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~


ここで少し脱線して、仙人の思い出の地探訪コーナー(笑)




このチョコさんが走った会津若松から会津鉄道線に沿って南へ下る国道118号。

ここにはいくつか温泉場があり、その一つの温泉地「湯野上温泉」と言うところが、私の大お気に入りなのです。



初めては15年前、それから3回ほど訪れています。



その時、猪苗代湖の南のほとりでキャンプしていました。

磐梯山が綺麗に見えたお気にいりの無料キャンプ場。


これは2001年
IMG_0006d.jpg


一番最初に訪れた時に、たまたま知り合ったキャンパーに教えていただいた温泉がありました。


途中から国道は121号になりしばらく行くと、国道から逸れた道に湯野上温泉駅があります。

茅葺屋根の趣のある駅は今でも健在だろうか。

その頃はSUZUKIのイントルーダー800と言う赤いアメリカンに乗っていました。

赤いF700GSの旅のつなぎとしては丁度いいな(^_^)



ここからの写真は2003年
IMG_0003d.jpg




駅からしばらく国道を進むとガソリンスタンドがあり立て看板が目印に、ここ(^_^)ここ




IMG 0005d



ここからは知らなければまず行けない路地を進んで川沿いの空地まで降りて行けます。


そして、見えてきました\(~o~)/ 温泉街の下の川沿いと言えば


そう!天然の露天風呂~解放感抜群です。





IMG_0001d.jpg




ちょうど桜の時期で、花見をしながら川の音を聞いて、いい湯につかりました。

もちろん無料

更衣室など無いので、その辺でタオルだけ巻いて・・・男の人なら勇気次第ですね^^

先客のおじさんに撮っていただきました。

この頃はまだデジカメではなかったので、ちゃんと撮れてるかどうかは、おじさんの腕次第(^_^;)

なかなかいい写真が出来てきました。


そして、この時は確か3度目だったのですが、一番最初に来た時は、赤い丸のあたりを掘って下から沸いてくる温泉を石で囲って川の水で温めながら入ったのでした(^0_0^)v

激流に近い川の目線で入る温泉は最高でしたが、その後石や砂地が流されたりでそれは出来なくなっていました。



時々観光客が来て、こちらは真っ裸で露店風呂につかりながら話したり(^_^;)面白かったな~





~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~



そんな場所を、温泉だ~と少し気にしながらも山へと向かうF700GSチョコさん


会津田島からさらに121号で南へ



交通量もそう多くはないであろう山へと向かう道。



時間も日が暮れ始めている


日が傾くだけでも山の中の道は暗く感じる。


あせりながら、福島県から栃木県の境の峠を越え少しで横川の集落へ。



きっと道沿いの看板を見つけた時は少しホッとした事でしょう。


キャンプ場の看板がGoogleでも確認できました(^_^)


ここからは山奥へとさらに狭い道がしばらく続いている様でした、。





そして、行きついたキャンプ場にはノマディキャンプのイベントの皆さんがすでに集まって来ているのが見えて少しホッ。(^。^)


く、熊居るのね、やっぱり



このイベントの間は、キャンプサイトにバイクごと入る事が出来ました。




IMG_4288bb.jpg




Wilde Fields おじか

ちゃんとした施設もある広いキャンプ場でした。



IMG_4283bb.jpg




すでに早くから来ていた方たちは何やらキャンプのイベントらしい事をしていたようですが、こちらは今からテント張って晩御飯の用意して・・・

とりあえず準備開始~




IMG_4282bb.jpg





まずは簡単なワンポールテントを設営。


ウムム タープってこうだっけ?

スマホで仙人レクチャーを依頼するも電波が(◎_◎;)

四苦八苦してたら、となりの方が少し手助けなんとか立ったようだが・・・


なんかおかしいでしょ(^_^;) まあ立ってるし良いかね。



DSC_0871b.jpg




そんなことしてたら、辺りは暗くなってきていた(爆


イベントも一段落していたので、晩御飯の準備。


こんな時に、ご飯炊いて・・・ようやりますね(^_^;)

何処かでお弁当買ってきたらよかったと、後からの感想でした(笑

キャンプにはまり始めは皆さん凝りますからね。




P1330515b.jpg




何度か参加しているノマディキャンプ、お知り合いも増えたのでそんな中でも楽しめたようだ。

夜の記録はここまで。


夜空には沢山の星が見え、静かに過ぎて行ったようです。




天気が心配されたこの夜も、嘘の様ないい天気で過ぎて行ったのでした。


ついてるね~天気には♪


さあ、明日はあの場所を目指して、まだまだ走りますよ~・・・  つづく



キャンプ場は早目に着きましょう~
ポチって行って下さい~

             にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

チョコさんを迎えてくれました浄土平、
次回もこんなお天気よろしくお願いします、って私ごとで済みません だってだって、強風・雨・雪でしたもの。
つばくろ火まで行って折り返す贅沢な走り、満喫やね。
SAM

SAMさんへ

ぜひ、次回は本当のつばくろ火を見に行けますように!(笑

私もいつか見に行きたいです~
非公開コメント

プロフィール

仙人&チョコ

Author:仙人&チョコ
BMW G650GSとF700GSで夫婦で四季の景色を探して走ります。
時々SEROWx2も出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム