続・BMWbikesプレミアムプレゼントの旅へ!お宿編

熱海の駅前を通り、海を挟んだ小高い場所へ狭い路地を登りきった丁度その先に見えてきました。




ATAMI  海峯楼 (あたみ かいほうろう)



IMG_0287b.jpg




別荘地にありそうな佇まい

送迎用の黒い車を横目に、ゆっくりと車を中へ進めると、すぐに中からスーツを着た男性が現れた。

今回の宿泊の事を調べていて知った事。

この男性の事を「バトラー」と言うらしい。



車の窓を開け名前を告げると、車はその場所に停めてそのままお入りくださいと。

動かしていただくほどの車でもないけど、心配するほどの車でも無い^^;

鍵だけ渡して・・・そんなホテルに泊まることもはじめてだったが、バトラーさんの接客のスムーズさにお任せして、すぐに中へ。


IMG_0514b.jpg







荷物を持っていただき、ガラス張りの入り口へ


これは中からの写真ですが、ほぼすべてガラス造りの渡り廊下!


IMG_0527b.jpg






すぐに上へと階段を登る。


この階段も、普通じゃない(^_^;)さすがもと迎賓館



IMG_0318b.jpg




この施設には4部屋しかなく、1階に和室部屋と洋室部屋


そして、今登って行く2階にラグジュアリースイートと言う部屋が2部屋あるのです!


今回うちが泊まる部屋は「風科」と言う部屋で、熱海の夜景が綺麗な部屋だと言う。

楽しみだ!




IMG_0317b.jpg







そして、その2階のスイートに泊まった人だけが利用できると言う食事のできる場所がある。


それが ☆ WATER BALCONY ☆

海の上に浮かんでいるような、ガラス張りの空間だ!




IMG_0311b.jpg



周りに水が張ってあるので、外にいる様な何とも不思議な感じの場所でした。

もちろん空調が効いているので、さっきまでの外の暑さなどみじんも感じない、快適な空間だ。




IMG_0313b.jpg



IMG_0314b.jpg



今日はここでディナーをいただく予定です(^-^)

夜は一日一組、うちが先に予約をしていたので利用できます。







そして、バトラーさんの誘導で部屋へとはいりました。




IMG_0289b.jpg



天井は高く、広い空間。


この部屋も外向きは全面ガラス張りだ!


すぐに冷たい飲み物とお絞りが出て来て、夕食までの時間の予定をバトラーさんと話して自由時間の始まりです^^



IMG_0288b.jpg




部屋には静かな音楽が流れ、最適な空調ですでに居心地がいい♪

プレーヤーの前にさりげなく置かれたCD、あまりにも心地いい音楽に、実は帰ってからすぐに購入してしまったのです^^


そして、この前の日記伊豆編の動画の音楽がそれなんです♪



P1250824b.jpg

IMG_0293b.jpg







では、部屋の様子へと



本当に開放的で、恥ずかしがり屋のうちらにはこちらから見える分外からも見えると言う事で^^;場所によっては隣のホテルも良く見えてました。





IMG_0294b.jpg






広すぎるベッド♪

寝がえりをうっても落ちません!



IMG_0290b.jpg





部屋の周りには水が張られていて、窓から少し離れると海と地続きの様に見える解放感。



IMG_0295b.jpg






天井の高さのせいでとても開放的な感じです。


IMG_0297b.jpg




この茶色の柱の様な棚に入っていたのは



ネスプレッソ♪


IMG_0298b.jpg


もちろん飲み放題ですヽ(^o^)丿

写真撮るの忘れてた冷蔵庫も飲み放題♪


飲み物はたっぷり、でもアルコールがあったので飲めない夫婦である事をさりげなく伝えると、バトラーさんがすぐに入れ替えに来てくれました。

ある分は飲み放題なのに、入替もしてくれるんです^^







そして、洗面とバスルーム



P1250821b.jpg





総大理石!

外にはジャグジ―も見えます



IMG_0301b.jpg




シャワースペースもガラスの扉

シャンプーなどは「 BVLGALI 」がさりげなく\(◎o◎)/!

他にもブランドの化粧水等、使えるものすべてがこだわりの物でした。




IMG_0304b.jpg


IMG_0460b.jpg






ここだけ外に出れるジャグジーへ


横にブラインドはありますが、良く見えます^^;


部屋の周りの水のスペースと景色が混ざり合ってとてもいい風景です。


そこから部屋の様子が見えます。




IMG_0307b.jpg






使わなかったグラス。

ジュースでも入れて使えばよかった^^


IMG_0310b.jpg






熱海港の見えるフカフカのレザーソファーに深く身を沈めて外を眺めていると、向いの岬の上にお城が見えました。


IMG_0323b.jpg


新しいCanonのカメラでズ~ム

熱海城らしいです。

それ以上の事は聞かないでください(`´)見てただけなもので(爆)



IMG_0320b.jpg


これでも、まだズーム最大ではないのです。



夕食までまだ時間もあるし


時間をもてあまして、すべて体験しておきましょう~ヽ(^o^)丿


ジャグジー♪ 気持ちいい~




IMG_0329b.jpg



こだわりの香り


こだわりのタオル


こだわりの・・・


すべて気兼ねなく使わせていただきました^^




IMG_0336b.jpg




ほんと、今回の旅は一時はどうなる事かと心配しましたが、ここに来てみてホント良かった~と二人して大喜びでした。

こんなに素敵なお宿をご紹介そして、プレゼントして下さったBMW BIKESの皆さんに心より感謝いたします




IMG_0497b.jpg







そして、いよいよここのメインイベントとも言える WATER BALCONYでのディナータイムです♪




ここの事を知ってから、ディナーの時とかどんなかっこしたらいいんだろ?(^_^;)とか、宿じたい慣れない私は服装やいろいろ考えていましたが、普段着でいいようですね。

そう言う事にも気を使わせないバトラーさん達の立ち居振る舞い心づかいがホントに気持ちのいいホテルです。

まさにプレミアムとはこの事なんでしょうね。


結局私、短パンにTシャツ(^◇^)
チョコさんも素敵な服を新調していましたが、結局いつもの楽な服での夕食を楽しみました。



まだ少し明るい時間

バトラーさんに、ここから見える風景の話をしていただきながら始まります。


IMG_0343b.jpg






目の前は海だけ


時間と共に景色の色が変わって行きます。




IMG_0344b.jpg






今夜の献立

IMG_0345b.jpg







一区切りづつ、料理の説明と共に美味しい料理が進んでいくのです。




では、アルコールの無いでも、お洒落な名前のソフトドリンクで

素敵な旅に乾杯♪




IMG_0349b.jpg




料理が運ばれるとともに、その料理方法や食材のことを話題にして、バトラーさんは長くなく話してくれます。

時々、景色の話題になったり


まだ若いバトラーさんでしたが、心使いのスマートさがとても心地良かったです。


ではお料理をずらりと



IMG_0351b.jpg

お膳に横長く運ばれてきた2人分の料理。

右と左違うようだけど、同じ料理をそれぞれに違う飾り付けで並べているんですね♪



IMG_0352b.jpg



慣れない少しずつのお料理。

でも、本当に一つ一つ美味しい♪



IMG_0355b.jpg





IMG_0360b.jpg

器の内側には、ここ熱海で1年中定期的に行われる花火の絵がさりげなく

IMG_0359b.jpg








こだわりの飾り料理

思わず、お~~~っと声を上げてしまいました^^;

バトラーさんは喜んでいました


IMG_0361b.jpg


IMG_0363b.jpg


氷の器は、朝からかかって作る手ずくりだそうです。

この瞬間の為だけに、   贅沢だ


IMG_0366b.jpg





外はもう暗くなり、濃いい青の世界に包まれていきます。

WATER BALCONYの照明が強くなり自分達が写り始めます^^



IMG_0369b.jpg




IMG_0374b.jpg

IMG_0373b.jpg





IMG_0375b.jpg





IMG_0380b.jpg



デザートの頃にはお腹パンパン(●^o^●)

IMG_0382b.jpg


楽しいお話と、普段口にしない食材をさらに美味しい料理にしていただいて、身も心も大満足でした。




部屋に戻ってすぐに、バトラーさんが夕食で残った鰻のご飯をおにぎりにして持ってきて下さいました。

夜食にと言う事でしたが、お腹満タン(^_^;)、結局これは朝早くにいただきました。



IMG_0385b.jpg





窓からは派手すぎない夜景、ライトアップされたお城が見えました。


IMG_0390b.jpg




その後、ここの大きな浴場は時間貸切なので、入る事にしました。
部屋は普通のお湯なのですが、浴場は熱海の温泉なのです。



ここが入り口のスペース。
バトラーさんに案内されないと、ドアを探さないとわかりません^^;


IMG_0408b.jpg



鍵をいただいて貸切です。

IMG_0405b.jpg



IMG_0400b.jpg


写真も撮り放題ですが、ぶれてうまく撮れて無かったので、朝の部で載せましょう^^;


この貸切温泉、ここの飲み物も飲み放題なんですヽ(^o^)丿

でも、夕食の後でコーヒー牛乳とポカリ1本ずつしか飲めませんでした(^◇^)(爆)



IMG_0403b.jpg




部屋に上がりながら、夜のWATER BALCONYを覗いてみた。

照明が少し揺らいで明るくなったり暗くなったり




IMG_0410b.jpg



お部屋で見つけたサイダー♪

裏見たら、佐賀物でした^^;


IMG_0411b.jpg





部屋の照明を暗めにして、自動ブラインドは下ろさずに、夜景を見ながら寝床に入りました。


丁度夜景が見えるベッドポジション♪最高ですね~




IMG_0414b.jpg






そして朝


ゴソゴソ動く音に目が覚めたら4時頃(=_=)


チョコさんが朝日が昇るのが見えるはずだよ!と起きていた

こういうの、しらびそ高原でもしていたチョコさん朝に強い!





IMG_0426b.jpg


この事を昨夜バトラーさんに話の中でしていたら、夜のうちに調べて持ってきてくれていたみたいだ!

バトラーって、出来る奴だな(^.^)!



IMG_0432b.jpg



しかし、うちの部屋からは朝日が見えない位置なので、WATER BALCONYへ


昨日からそうだが、やはり今朝も雲と言うか霞みが多めだ。




IMG_0418b.jpg





チョコさんに負けない早起き漁師さんはもう働いてますね



IMG_0419b.jpg


寝起きにこんな景色が見えるなんて♪


IMG_0420b.jpg





IMG_0437b.jpg




時間はまだ、太陽も見えそうにないので朝ジャグジー♪



DSC_1415b.jpg



本当にこれは贅沢だ!


帰ったら、うちもこんな風になってないかな~~(あり得ないけど)なんて思うほど気持ちいい♪






すでに日の出の時間は過ぎていたが、沖合には雲が多くて水平線からの朝日は拝めそうになかった。

そうわかっていても、ここからの海の景色だけでも十分満足できるものだったので眺めていると



雲の一部が少し赤く見えて来た!






IMG_0451b.jpg




丁度太陽のある所だけ雲が切れて来たようだヽ(^o^)丿





IMG_0453b.jpg








ほんの一瞬、数分間だけ朝日が海に写り、波打つ海面を照らしていた。






IMG_0455b.jpg




この瞬間だけ、



それだけでもここに来て良かったと思える小さな出来事でした^^





普段は寝てるし、海に写る景色なんて見れないからね。





旅って、いいね~~♪






IMG_0456b.jpg





IMG_0458b.jpg






数分で、雲に覆われ太陽は姿を消しました。



でも満足


IMG_0459b.jpg




部屋に戻ってウロウロしてたら、これまだ使って無いや!


と、シャワー~


そして





DSC_1374b.jpg





ネスプレッソでコーヒー入れて、バスローブ着て似合わない記念写真を気取ってみる(笑)



IMG_0462b.jpg




ほとんど見てなかった棚の中を見てみると


こんな所にもこだわりが。

砂糖ここにあったのね(^_^;)



IMG_0487b.jpg





これは1泊ではこの部屋は使いきれない(^◇^)

まだなんか隠れてそうだけど、のんびりもしたいし。

でも、なんかじっとしてるのもったいない一般庶民仙人なのでした(笑)


チョコさんは旅の疲れでくつろいでいるように見えた。
旅前に風邪引き始めだったので、のんびりするにはいい時間でした。
今思えば、楽しめたのかな~と

けど、のんびりしてるそれが普通なんですけどね^^;

私はなんだか妙にはしゃいでいた様だ(チョコさん談)^^



そしてお次は予約していた朝ぶろの時間♪

チョコさんは、部屋で寝ているそうだ。







そして、また例の空間から、今度は一人鍵を渡されて温泉へ


IMG_0499b.jpg





この壁と一体になったドアから入るのでした。


IMG_0500b.jpg




朝だから明るくてお庭も見えて開放的。

広い~~ヽ(^o^)丿



IMG_0502b.jpg




洗面鏡で記念写真

実はツラーテックのTシャツが撮りたかったのだ^^

ここに置いてある備品もブランドである。



IMG_0503b.jpg





大窓はスライドで開くので開放して露天風呂満喫♪

スベスベの温泉、いつまでも入って居たかった(ToT)/~~~




IMG_0507b.jpg





今回ほぼ2階で過ごしていたので利用しなかったが、1回はラウンジになっていて、ここでも食事が出来るのです。


備品で使われていたブランド品やお土産なども売っています




IMG_0516b.jpg





その後朝食は部屋へ運んでいただき、最後の時間を少しのんびりと過ごしました。




IMG_0539b.jpg





貴重なプレミアムな宿の体験

本当に今後来る事があるかわからない、バトラーさんがいる様なお宿

仕事を休んでまでも来て良かったです。

そして、応募してくれたチョコさんにも感謝( ^^) _旦~~



荷物を持ち、部屋を眺めて景色を見て最後にWATER BALCONYを眺めて降りて行きました。





IMG_0540b.jpg







また当たらない限り来ないかな~




IMG_0542b.jpg




お見送りをしていただくとき、前に出された車の奥には、ここにふさわしい様な、真っ白なポルシェと、BMWのRVが停まっていました(^_^;)

普通そう言う人が来る所なのだね。

せめてBMWのバイクで来たかったね~と



IMG_0515b.jpg



でも、本当に満足のいく良いお宿だった事に間違いはありません!

ちなみに、今回のお部屋、普通に泊まったら一人約60000円するお部屋なのでした~ヽ(^o^)丿

つまり2人で12万円のプレゼントなのでした!

まったくなんてプレミアムな企画なんだ!

皆さんもどんどん応募した方がいいかもね~~(^^)/



そして、帰り際に食事時の少しの飲み物代だけのお支払いを済ませると、何と系列宿泊施設の宿泊割引券1万円分をいただきました\(◎o◎)/!

そのうち一番安いお部屋でも取りましょうかね~(^_^;)



走り出した車の後ろでは、坂を下る車が見えなくなるまでお見送りのバトラーさん2人がお辞儀をしているのが見えていました。。

本当にお世話になりました(^.^)/~~~


そして、帰り道は箱根の山々を巡って帰るのでした・・・

だからもう少し続きます~     富士山は見えたのか?編へ




ランキング参加中~
ポチって行って下さい~

             にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

夢物語

最後まで一気に読み進めてきましたが、
掲載されている写真の一枚一枚が、まったく別世界のようです。
世の中には普通にこういうゴージャスなくつろぎの時間をすごす方もいるんでしょうね。
一泊6万円の世界ですか、私には一生縁の無い空間と時間でしょうね。
今回、お二人が体験されたのは私にとって、夢物語のようです。

素敵!

出発前に体調を崩されてるようで心配しておりましたが、ホテルでは素敵な時間を過ごされた様で安心しました。
文面からわくわく感が滲み出ているので、読んでる私もハッピーになれました!!
幸せのおすそ分けをいただきました。ありがとうございます♪

なかなか、自腹では難しいのでせっせとプレゼント企画に応募してみることにします(笑)

メカ好きおじさんへ

ほんと、こういう所で泊まっている方のブログを見ると、今回はドコドコの部屋で・・・とか(^^;、常連さんとか居るんですね。
でも、それがわかるほどの素敵な空間でした。
そうそう、1階の部屋は2万8千円でしたので是非(汗)

夢、心地いい夢でした♪

うささんへ

ご心配ありがとうございます。
何とか楽しい時間を過ごす事が出来ました。
クールベストはまだ試せていません^^;

異空間、もっと緊張するかと思いましたが、ほとんど放置してくれるので自分の部屋の様に自由に楽しんでました^^私
チョコさんは少しバテ気味で食べれるかなぁという夕食も、優しい味に完食していました♪
おすそ分け気分、届いていて良かったです^^
うちだけにはもったいない空間でしたから。

プレゼント企画、是非送ってくださいね~

こんばんは ^^

いやー ゴージャスですねー。
まさに寛ぎの空間で最高の時間を過ごされましたね。
じつに羨ましいかぎりです ^^

詳しくレポートされていますので、
こちらまで寛ぎの気分が伝わってきたような気がします ^^
翌日もきっと、満ち足りたご気分でドライブを楽しまれたことでしょうね ^^

ツーチーさんへ

ホントに、こんな事自分で計画する事はない世界でした。
それこそ宝くじでも当たって見つけたら行くかもです。
でも、今思えば余裕で楽しんでいる様ですが、むさぼるようにこのゴージャスな時間を過ごしていた様な^^;やはり余裕はない私どもでした。

少しでも伝わっていたら嬉しいです。
そして、最終日のドライブは・・・
いかに♪

うっとりしました*(^o^)/*

こんばんは^o^
なんて素晴らしいお宿なんでしょう!
1泊60000円なんて、私は一生泊まれないだろうな(≧∇≦)
素敵な時間を過ごせてよかったですね!
お料理も最高の食材とセンスのよい盛り付けで
おもてなしも素晴らしいです。
何回も写真を見てしまいました^o^
仙人さんのバスローブ姿、カッコよいですよ!
今度はバイクで伊豆ですか?

お一人様 ろくまんえん… ですか~

きっと何事も無いようにお泊まり出来る人は沢山いらっしゃるんでしょうね~

お二人共楽しまれたようですね~
私なら雰囲気にのまれてしまって落ち着かないかも(笑)

一般庶民なたこやき家も懸賞頼みか…
(T_T)

エガッキ―さんへ

お宿も素晴らしいし、当て物で来た私どもの様な者にも、変わりなく対応していただき、さすがプレミアムと言うだけの事はあると思いました。
お料理も、一つ一つ解説付きなんて初めてでした。
料理は見た目も大事と言うのを体感してきました^^
バスローブ姿・・・笑っていただく方が気が楽です(^^;
あ、ブランデーグラス持ってる方が良かったかな(笑
是非ともバイクでも行きたくなった伊豆です!

たこやきSundayさんへ

はい^^;6まんだそうで
応募する時の誌面では、お一人29160円~みたいに書いていたんですが、送られてきた招待状はこれでした!
もしかしたら、お食事等は相応の物で、6万対応はもっと豪華なのかもしれませんけど(+_+)さすがに聞けませんでした(笑

世の中には、これが普通の方もそれなりにいるんでしょうねぇ

うちも、また応募しながらプレミアムを体験してみたいと思います^^

素晴らしいですね〜!
仕事の昼休みにうっとり見ていたら、時間オーバーしそうになりました(笑
チョコさん凄い、ついででもやりましたね♪

Sinsiaさんへ

奇跡ですよね~こんなの^^
見ている間はプレミアムになってましたか?(笑
やはり、欲のないときにこういう事があるのかも♪
宝くじもついでに買おうかいな~

会社のデスクでお昼しながらこの豪華を味わいました。
いや~  美味しかった~  現実と「夢」の落差 大きいね~^^
このゴージャス私には ケ〇の〇〇がこそぼうてたまりませんわ
hideさんは満喫するね きっと^^
時にこんな時間 味わえるものなら味わってみたい。



SAMさんへ

〇ツ〇あなだなんて(笑)お下品な(^◇^)
現実だけど、夢の世界♪って感じでした。
チョコさんはまだまだ物足りなかった様です。
体調いい時にいきたかった~とつぶやいてました^^

たまには、こういう宿もいいな~と、思ってしまいました(^_^;)
SAMさんhideさんには似合いそうでしたよ~
非公開コメント

プロフィール

仙人&チョコ

Author:仙人&チョコ
BMW G650GSとF700GSで夫婦で四季の景色を探して走ります。
時々SEROWx2も出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム