試乗してみた、YAMAHA MT-09

試乗できる機会を見つけたら、一度乗ってみたかったMT-09

YAMAHAの3気筒と言う、まったく新しいエンジンだ。


トライアンフの3気筒がおなじみですが、サウンドも少し違うYAMAHAらしいサウンド。
現行のYZF-R1に近い金属的な独特な低い音に聞こえました。



mt1b.jpg





短い時間の試乗で、試したかったのはモード切り替え。
レスポンスのいいAモード、ノーマルモード、そしてマイルドなBモード。
これが走りながら簡単に変えれる。

よく聞くのが、レスポンスのいいスポーツAモードの過激さを試したくてと乗る方の話。
でも、私が試したかったのは Bモード!

最近のバイクはレスポンスがいい物が多く、このクラスの排気量(1000cc前後)だとアクセルワークに気を使うので、あまり乗りたいと思わなかった。


MT-09は、車重が200kgを切る軽量さの900cc。
今乗っているG650GSとさほど変わらない車重だと思う。
これにハイパワーなだけだと、また普通のバイク乗りの私の様な者には気を使うだけのバイクになってしまいかねない。


で、試乗開始。

跨ると、これが何とGSシリーズの様なアップライトで、ハンドルが近いポジション。
ヨーロッパで人気のデカイモタード系の流れを組むスタイルは意外と乗りやすそうだ。

考えるに、ノーマルモードで走ってからAやBモードにしてもその差がわかり難い気がしたので、最初からのんびりBモードスタート。



排気量なりのトルクでスタートは余裕だ。
少し回転を上げてクラッチミートしたけど、スムーズに走り出した。

国道に出て、直線でBモードのままアクセルオン!
どちらかと言うと、アクセル開度を追いかけるように加速して、回転が上がるほどに排気量なりのパワーが出てくるという、キャブレターの頃の様な感じだ。
と言うか、なんとなく以前うちにあったF650GS-Twinを少し力強くした感じだ。

これは乗りやすい。


そこで、Aモードに切り替えてアクセルオン!
すると、それまでとは違って、アクセルの動きに過敏に反応して急激に加速する!
気を付けないと、低いギアでアクセルをポンと開けるとフロントが浮きそうな感じだ!
カウルのないフロントは、ハンドルも高く荷重が少ないので、簡単に浮いてしまいそうだ。


走る場所にもよるけど、これ以上Aは試せそうにないので、Bモードに徹した。


ほんとに乗りやすい。

途中から住宅地の路地道に入ってうろちょろと走ってみたが、アップライトなポジションとアクセルに過敏に反応しないけど余裕のトルクで走るので、交差点で徐行しても、ふいに前に車がゆっくり走っていても気を使わず走れるのだ。

これはツーリングで景色を見ながら走るのに持ってこいです♪


どうしても、リッタークラスのバイクでゆっくり走ると、ギクシャクしてしまうのがほとんどだ。
それだけに、900ccでこの扱い良さはすごい!

ある意味、はじめてR1200GSに試乗した時の、あの巨体で路地を抜けても扱い良かった時の感動と同じでした。



路地道でAモードを試さなかったので、それがBモードのおかげで扱い良かったのか3気筒新型エンジンのおかげなのかは分からないけど、もしこれを買ったらずっとBモードで良いと思う私でした^^


このエンジンで、アドベンチャーモデルでも作ったら、心動いちゃうかもな~☆

でも、このコンパクトさで車重や足付きがこのくらいであればと言う感じです。




寒かったけど、丁度晴れてたので、桜の横で記念に写真撮っておきました。




mt3b.jpg



好みの別れそうな独特の顔付きですね(^_^;)

このMT-09、積載性が今一つなんで、今のところやはりGSが1番ですけどね~

こういうのが出ると、また日本のメーカーも気になってきますね!


がんばれニッポン☆




mt2b.jpg



ランキング参加中~
ポチって行って下さい~

             にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

仙人&チョコ

Author:仙人&チョコ
BMW G650GSとF700GSで夫婦で四季の景色を探して走ります。
時々SEROWx2も出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム