白と青の世界 綿向山

バイクに乗る事を忘れたわけではありません。

でも、こんな世界を体験してしまうと、つい出かけてしまうんです。




P1240009b.jpg





今回は滋賀県の日野町にある1110mの「綿向山」へと向かいました。

2週間前に登った「三峰山」の時と同じく、今日もいい天気。

時間短縮に、名神蒲生スマートICまで高速移動。

そこから見える山は、雲ひとつない快晴の空の中、朝の陽を反対側から浴びていたので雪があるのかシルエットでよく見えなかった。



初めて来た下の駐車場まで、少し雪の残る道を通り無事到着。

すでに数台の車の登山者が準備していた。



P1230856b.jpg



P1230857b.jpg




平日なのに、思っていた以上に人が来ているのを見て驚きました。

と言うか、今日もゆっくりスタートの9時から出発。

すぐに路面は凍結路へ。





P1230860b.jpg



「夫婦松だって~」



P1230861b.jpg



の呼びかけにもひた進むチョコさん!やる気だ



P1230862b.jpg




取り付きからすでにアイゼンは付けているので、硬い凍結路も快適だ。

しばらく緩やかに林道を進むと、やっと登山道入り口へ。


この小屋で登山届を記入しました(でも、日付一日間違えたかも^^;)




P1230867b.jpg


P1230870b.jpg




すぐに鉄の橋を渡ると登山道に入りました。


クネクネと九十九折れの細い雪道が続きます。



だいぶ来たと感じた所で見えた看板に、「1合目」(@_@;)

まだ始まったばかりやん。




P1230874b.jpg



最初から雪道でアイゼンを履いているのは初めてなので、だいぶ歩いた感覚でした。



緩やかに九十九折れは続きます。




P1230878b.jpg



ずっと雪景色。

気温も0度あるかないか。

でも、まだ霧氷はありません。




P1230880b.jpg



3合目に着くと、一度平坦な林道に出てほっとします。

ここにきて、日差しが当たり始め体感温度も暖かく感じました。




P1230882b.jpg



P1230885b.jpg




林道からまた細い道に入ると、すぐに休憩小屋が出て来た。


休憩はしないが、少し覗いてそこにカメラ置いて記念写真☆


私は、新調したバッグを写したいポーズ^^




P1230888b.jpg



一応ここは神社への参道らしいので、普通に歩ける登山道です。



P1230889b.jpg




この辺りは、真っすぐな杉の林の中を登ります。


杉の葉に覆われていて日差しは少なく、その分気温も低い。





P1230891b.jpg




4合目を過ぎた辺りで、前を歩く数人の登山者に追いついた。


先頭は年配のご夫婦の様で、若い方も含めそのペースでゆっくり登られているようでした。





P1230894b.jpg



スペースのある所で、道を譲っていただけたのでお先に行かせていただきました。

ご挨拶をした時の笑顔と雪歩きを楽しまれている様子がとても印象的でした。

年配の方の登山者が今日は多かったです。



しばらくして、やっと5合目の小屋へ到着。

ここには、前から鳴らしたかった鐘がありました。

夢咲の鐘




P1230895b.jpg




P1230897b.jpg




ここの中は避難所にもなるので、綺麗でした。

この天気だと避難は必要ないので、先へと進みました・・・ちょっと足に来てたけど



P1230899b.jpg





赤い屋根が山と青空に映えます。





P1230903b.jpg




急でもない登山道は、初心者の我々でも先へ先へと足を運ばせます。



P1230905b.jpg




時々、木の上の雪が落ちて来ます。

足元を見ると、氷柱が落ちて来たのか氷の棒が落ちてます。


お腹がすいて来たので、ちょっとかじってみた。




P1230906b.jpg




7合目に来ると、急に風が吹きはじめた。


寒い!


行者コバと言われる場所で、小さなお社がある。

この辺りから尾根に出たようだ。




P1230908b.jpg



それと同時に、周りの景色がどんどん変わりだした!




P1230911b.jpg



すぐに通常の登山道は雪が多すぎて危険なためバリケードで封鎖。

ここからは、冬道と言われる急坂の尾根伝いの道を登るのです!




P1230912b.jpg




風が吹き抜ける中、噂には聞いていたが本当に凄い急な斜面を登ります。


周りに木があるからなんとか大丈夫そうだけど、気を抜けば後ろにひっくり返るか滑り落ちそうだ!


もちろんアイゼンが無ければかなり難しいだろう。





P1230917b.jpg



P1230924b.jpg





それでも、周りの木々は本当に綺麗でした。


今日も晴れて霧氷が花の様に輝いています。





P1230926b.jpg



P1230928b.jpg




P1230930b.jpg




登るにつれ、霧氷はどんどん濃さを増し、枝が真っ白になって来た。


寒いこの風が吹きつけるせいで出来る霧氷。


触るとカチカチの氷です。





P1230933b.jpg





この辺りで気温はマイナス5℃


これは少々の日差しでも溶けないだろう。




P1230937b.jpg




P1230938b.jpg




の間から見える遠くの白い山も同じくらいの高さかな



P1230943b.jpg




そして、ようやく人の姿が見えると、そこは頂上でした。



P1230944b.jpg




沢山の方が登られていました。

何処かのツアーの様です。

そう言えば、駐車場の手前に小さいバスが停まっていました。



凄い快晴で、眩しい景色だ。




P1230951b.jpg





チョコさん景色図を見て見つけた。


P1230954b.jpg




御嶽山や!

見える見える(^.^)今日は大展望です♪




P1230955b.jpg




南アルプスや、乗鞍、白山なんかも見えていた様だ。



P1230958b.jpg





頂上ケルン周りの団体さんをバックにチョコさんポーズ(^_^;) 混ざってわからん



P1230962b.jpg




それからすぐ、その団体が降りて行ったので静かになってご飯タイム!


その後も、登山者は後を絶ちませんでした。



風が吹くので、穴掘って雪壁と身体で風よけ湯沸かし。




P1230967b.jpg




wa1b.jpg




雪景色に乾杯♪




P1230971b.jpg




ここはすぐ目の前にも雪山があり、山の連なりも綺麗で最高でした。



ここのシンボルツリーのようです。

皆さんかわるがわる撮って行きます。





P1230975b.jpg




青空をバックに、綺麗な霧氷の花が満開です。





P1230977b.jpg





日差しがあるけど、本当の山頂なので風が冷たい。

標高もあるけど、見渡す限りの冷たい雪げしきの上にいるので寒くて当たり前だ^^;


ここに来たら行ってみたかった場所へと歩きます。




P1240020b.jpg




P1230980b.jpg




今いた場所はすべてが白の世界。



そこから真っ白な尾根を伝ってみました。




P1230985b.jpg





ここを歩いてみたかったんです。


踏み外したら転がって雪だるまになりそうな斜面です。





P1230987b.jpg




P1230994b.jpg




この尾根はさらにさえぎる物もないので、吹き付ける風で「エビのしっぽ」と言われる霧氷が横に育つのです。



P1230998b.jpg




もう最高の景色です。

近くにこんな所があったなんて。





P1240002b.jpg




イハイガ岳への下りが始まる所まで行ってみました。


綺麗な白い平原。



踏み跡が一つ先の方へと続いていました。






P1240006b.jpg




行ってみたいけど、下るとまた登ってこないと行けない。

これが結構大変。


それに時間的にも無理は禁物。

見るだけでも本当に満足です♪



チョコさんがとんがりの上で待ってます。



よく見ると、凄い所にいるなぁ^^





P1240007b.jpg





さあ、引き返しだ!


この尾根道。大好きになりました。


他にも色々あるんだろうな・・・





P1240009b.jpg



この尾根の途中に、有名な「ブナの珍変木」と言うのがある。

ブナの木が、気候変動の激しさに曲がってしまい、それでも上へと伸びる間に幹がアーチ状の形を作っているのだ。

その下をくぐると幸せになれると言う事の様だ^^

ここまで来たら、くぐらないわけにはいかないでしょう。



P1240013b.jpg



これでますます幸せになる事間違いなしだヽ(^o^)丿

効果はいつまでだろう?

切れる前にまた来よう(笑)




P1240015b.jpg


この景色を見てるだけでも、十分幸せになれました。


P1240018b.jpg




元のルートに戻ってまた急坂を今度は下ります。


土の道より、雪だと少し恐怖心は少ないのだろうか。


なんだか楽しい。




P1240021b.jpg




P1240023b.jpg





この山なら、うちが使うチェーンアイゼンと言う爪の短い分でも十分歩けました。

もし、こんな景色が見てみたいなら、初級者でも行けなくはない場所の様です。


もちろん、ある程度の装備と知識はいれて行った方がいい場所ですけどね。




5合目の赤い屋根が見えてきてホッと一息。




P1240026b.jpg



ここまで来たら、やはり足はガクガクでした^^;


琵琶湖の向こうの雪山も今日は見えてました。




P1240027b.jpg



ついこないだまで、こんないい天気なら絶対GS乗っていたのに、この年でこの季節は別の楽しみも見つけてしまったようです。

運動不足解消に、皆さんもどうですか?




ちなみに、暖かく柔らかいシートに座れる帰りの車が最高に快適に感じたのはいうまでもありません(笑)




P1240035b.jpg







ランキング参加中~
ポチって行って下さい~

             にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

青空と霧氷、凄く綺麗(*^^)v
最高の日に行かれましたね!!
ブナの珍変木、知りませんでした。
次回(余力があれば・・・)そちらにも足を延ばしたいです。
(今年は無理かな アセ)

おーーーー。御嶽山♪♪
雪山、きれいですね。写真で見てたら私も歩きたくなるのですが、
最近の運動不足が・・・・。不安です(笑)
新しいザック、カッコイイですね。
オスプレーはすっごく軽くて色もきれいで、私も大好きです。
ちなみに、私はパープルでtakeさんはグリーン。
登山用品店に行ったら、買わないんだけど色々背負ってみたりして楽しんでます(^o^)

御嶽山が見えるとは・・・日本は狭いな。
最高のお天気に恵まれましたね。ムービーを見てるだけで、かなりの満足感でした。真っ白な尾根道が一番良かったかな?
いいものを見せてもらいました、おおきにです。

仙人さんへ

こんにちは~♪
素晴らしいお天気で美しい写真ばかり~♪
綿向山、先越されてしまいましたねぇ><;
えびのしっぽもしっかりあって、ほんとに素晴らしいです♪
雪のあるうちに私も行きたいと思いますが
休みと天気となかなか合わなくて・・・
写真で見てるだけでも楽しさがとっても伝わってきました♪

最高の日に登られましたね^^
冬期登山道は なかなかきつかったでしょ 
直登ですものね。
御嶽山まで見えた! 私は見たことない^^;
山頂から見渡す鈴鹿山脈 久しぶりに見ました。

今年の山ライフは充実していますね。

こんにちは!

御嶽山見えるんですね!
冬山を楽しんでいらっしゃいますね。いいんじゃないでしょうか!

あの風景を見ながらのカップラーメン美味そう。自分も日清派です。

自分は最後リコールでバイクお預けで脳内ツーリングしてます。
世界3周はしてます。

冬のブログタイトルは、
「アイゼン履いてどこ行こう♪」ですね。

hideさんへ

本当にいい時に初めて登れました♪
去年のSAMさんhideさんが登られてるのを見てずっと登りたかった山でした♪
寒かったけど気持ち良かったですよ~ヽ(^o^)丿
ブナの珍変木は竜王山への分岐から尾根を少し行ったらあるので、ツアーの団体さんも、そこだけ寄って引き返してました。
お尻滑りグッズ!買いそびれて出来ませんでした(T_T)

ayumiさんへ

そちらではよく見かける御嶽山!
やっと生で見れました^^
雪景色って良いですね~~♪
私も運動は不足しているので、ayumiさんもきっと大丈夫ですよ^^;
降りてきたら足腰ガクガクであります(笑
オスプレーほんと軽いし使いやすかったです。
お!そちらもオスプレーありますか♪なぜか嬉しい~
うちの近所に意外と登山用品店が無いので、ネットで調べての購入でした。

のりまきさんへ

確かに御嶽山て遠いけど、見えました。
「今日ぐらいいい天気だと、すぐ目の前の高い雨乞岳が無ければ富士山が見えるよ」と常連の登山者さんが話してくれました。
この尾根良いでしょ~
あまりの天気と雪の反射でハレーション気味で見にくい動画になってますが、あの景色は最高でした!

エガッキ―さんへ

こんばんわ~
最高の天気でしたよ~
山日記のヤマレコで調べていて、前々日まで展望なしでも樹氷は凄そうだったので行って正解でした!
私もヤマレコも始めてしまいました。
エガッキ―さんは綿向山まだだったんですね。
ここも道は歩きやすくてお勧めですよ~
周回コースは少々大変そうですけど。
尾根道のエビ、本当に綺麗でした。
チョコさんが乗って来たらまたどこか登りたいな~

SAMさんへ

ありがとうございます!
お陰さまで本当に天気には恵まれました♪
去年のSAMさん達の登られたのを見て、ずっと下を通りながら行きたかった山なので、嬉しかった~
7合目過ぎたとたんに、道の険しさも霧氷の景色もどんどん変わって大変でしたが登りがいがありました。
色々と眺められた山が何の山かほとんど分からなかったのが残念でした。

今年の目標が、1000m越えだったので、すでに2つクリアー
そろそろGS動かそうかな~
でも、雪山たのしい~

ちゅちょさんへ

御嶽山ばっちり見えました!
今まで冬でもバイクに乗り続けていましたが、冬には冬のって言うのに初めて気が付きました。
いい景色でカップヌードル、これはバイクでも山でもいいものです。
私は若いころからですが、嫁さんも楽しんでいるようです。
次はどんべぇにでもしようかな?^^

冬の脳内ツーリング、それもいいですね^^
アイゼンはいてどこ行こう♪ 良い題名だ(笑)

この前の奈良の雪山の時も 今までのツーリング写真も 勿論今回も 仙人さんの撮す写真はとてもきれいですね~(^O^)v

私もこんなにきれいな雪山行きたいけどとても歩けませんので車で行ける所までで我慢です(笑)

夫婦で山歩きなんて、健康的で素晴らしい趣味ですねー。
うちの夫婦は体力不足なので、まずは基礎体力作りから始める必要がありそうですw
冬山の景色も最高ですね。昔行ってたスキーを思い出します。
子供の手が離れたら夫婦でチャレンジしてみたいなー

こんにちは ^^
いやー 絶景ですねー。
生活圏に降る雪は少し困りものですが、
こういう雪山は見ているだけで気持ちよくなりますね ^^

そのうち登ってみたいようにも思いますが、
夏山でも四苦八苦している私には遠い世界でしょうか。(笑)

この時期にしかできない雪山登り、
しっかりと楽しまれてくださいね ^^

たこやきSundayさんへ

私の撮った写真は、いい景色のお陰100%です^^
ほんといい物はどう撮ってもいいです!
私は去年から登り始めたし、普段はバイク乗るだけの運動不足です。
車で裾野まで行けば、意外と行けちゃいますよ~

miyaさんへ

うちは嫁さんが走ったりするのが好きで、私はゴロゴロ好き(笑
去年から運動不足解消に始めた雪山登り。
低い近所の山から始めて、今年は樹氷へチャレンジしました。
普段歩かない私にはかなりきついのですが、あの景色があるから登れます。
是非、ご夫婦で!大山とか近そうだからいいな~

ツーチーさんへ

こんばんわ!
ほんと、生活圏での雪はやはり勘弁ですね。
でも、仕事に行く前にアイゼンとかいるかな?なんて考えちゃいました(笑
夏山には登られるのですね!
私は冬以外あまり歩かないのですが、たぶんその時期より雪の登山道は歩きやすいかもと思いました。
今くらいだと、皆さんが踏みしめた雪道は平になり、でこぼこして無くて足運びが楽に感じました。
ぜひ、お手軽な雪山へ一度登ってみてください。
有名所は道筋もしっかりあるので、初心者の我々でも迷わず登れましたよ。

しかし、そろそろバイクも動かさないとな~^^;
非公開コメント

プロフィール

仙人&チョコ

Author:仙人&チョコ
BMW G650GSとF700GSで夫婦で四季の景色を探して走ります。
時々SEROWx2も出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム