NAVIが消えた原因

最近、ツーリング中にNAVI画面が消えてる事があった。


以前、電源コネクターが抜けて来ていて消えてた事があったので、またそれかと思い差し込みを押し付けたり、グリグリして接触するようにしてさらにゴムバンドで巻いたりしていた。




P1210073c.jpg



右のビニールで巻かれている場所がそれです^^;

見た目悪いけど、簡易防水です。



使われている方もいるとは思いますが、普通のシガーソケット(12V)とUSBソケット(5V)が付いた物を付けています。




P1210096b.jpg




そこからNAVIの電源を取っていたのですが、普通はバイクの電源ONで電気が流れるようにしていたので、同時にNAVIも起動するようにしています。

でも、接触不良で消えたから点かないのかな?と思い、何度かNAVIの電源を触ると点いたりしたのでそうしていたのですが、あまりに再発するのでNAVIが壊れたのかと思ったりもしました。



そして、昨日なんとなくハンドル下の辺りに目をやると、一つのコネクターが抜けているのが見えました。



なんだ、電源の途中が抜けていたのか!?と一瞬思うも



そんなのあったっけ?



でも、良~く見ると(@_@)





P1210095b




それはヒューズが入ったプラスチックの筒の部分でした。

しかも折れてすでにヒューズの姿は無し(ToT)/~~~


つまりは通電するわけもありません。




G650GSのハンドル回りはとにかく詰め込まれた狭い空間と言う感じで隙間はあまりありません。
ハンドルを切ると、フロントフォークのトップ辺りは、フレームギリギリまで切れ込むので、下に通した配線も注意しないと挟んだり、折れ曲がったりしそうでした。


つまりはヒューズの入った部分が丁度そのあたりで、取り付けた時やばいかな?と思った様な気もしてきました^^;

このソケットを取り付けた時は、ハンドル手前の真ん中の黒いカバーだけ外して、最終配線を横のカバーの中に押し入れた感じで無理があったようなので(手抜きって事ね^^;)、今回はじめて前サイドカバーを外してみる事にした。



G650GSのはじめてのメンテナンス^^


作業する上でやはりセンタ―スタンドが欲しくなります。

で、昔嫁のバイクを整備するのに調達した、簡易スタンドを合わせてみると、幅も丁度いい感じで使う事が出来た。



P1210092b.jpg



P1210093b.jpg




ガレージが傾斜してるのでちょっと安定悪いけど、やはり真っすぐになった方がやりやすいですね。



サイドカバーは、エンジンガードが少し邪魔な程度で簡単に外れました。

これならオイル交換時の反対側も意外と簡単に出来そうだ!





P1210097b.jpg



修理と言うほどの事もなく、割れたヒューズケースを配線から切り離し、別のヒューズケースをハンダで繋ぎ直し、絶縁して完了!

元のヒューズが何アンペアか見てないけど、NAVI程度しか使わないので問題ないでしょう。

と言うか、付けたのも何アンペアか見て無いし^^;

でも完了と言う事で♪




P1210100b



配線をある程度整理して、ヒューズもカバーの中にしまえる長さの配線にしてカバー類を付けて出来上がりです。

NAVIも無事、バイク電源と連動して起動するように復活しました。


これで、またへんてこな道探索が心おきなく出来そうだ^^





ランキング参加中~
ポチって行って下さい~

             にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

仙人&チョコ

Author:仙人&チョコ
BMW G650GSとF700GSで四季の景色を探して走ります。
SEROWx2、そしてHUSTLERも出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム