Touring serowの不具合

この所、チョコさんのnew通勤バイクTouring serowの停めてある下にシミが目につき出した。


500km越えたあたりで早めに一度オイル交換したので、もしかしてドレンボルトが締まって無いのか、ガスケットの傷でにじんで来たのかと思っていた。


気になりだしてから、朝出かける前に下を見てみると、やはり新しく光るシミが増えている。


これは早めに対策しないとと思いながら、ある日重い腰を上げて下から覗いてみた。(見るだけで数日が経ってますが^^;)



エンジンの下にアルミのガードを付けているので、その隙間にドレンボルトがある。

しかし、その周りが濡れている形跡もなく、停めてある時点でその真下には新しいシミは無い。


そして、シミのすぐ上に当たるのがスイングアームの根元辺り。


よ~く見てみると、リヤサスのリンク機構がある一番下の部分にオイルの雫発見!


もうこれはリヤサスからのオイル漏れに違いないと部品を交換です。




今日はチョコさんがお休みで、あいてるserowは私が部品交換に向かいます。



朝、スイッチオン!で出た表示がピッタシ「1000km!」



1b.jpg




なぜか嬉しい(^^


そして、慣らしも終わった感じなんで、ちょいとエンジンも回し始めますかな~



今日は本体の写真撮り忘れたのでなんですが、非常に低いうちのserowさん。

足付きは170cm程の私でも膝曲がりするほど。

ローダウンリンクだけでこれだけ変わるとは。

やはりserowは乗りやすいです。


トップギアで80kmくらいがきびきびと程良い感じで、それを越えるとやはり騒がしく100km巡航は我慢になりそうですね。

一度高速で試してもみたいです。



路地裏を抜けて行く時に低速域がやはり一番扱いやすいですが、以前試乗したキャブ車の頃はもう少し扱いやすかった気がします。

というのも、インジェクション車特有なのか、アクセルのメリハリと言うか、開け閉めへの反応がはっきりしすぎていて気になりました。

もちろんスポーツモデルはもっとメリハリのある反応なのですが、キャブの時は反応がもう少し丸く角が無かったので細かい走りでも乗りやすかった気がします。


気楽に乗るserowのイメージと少し違う気もしましたが、細かく気にするとと言う程度なので、毎日乗ってたら慣れてしまうレベルなのでしょうけどね。




そして、交換した部品を比べると・・・



3b.jpg



ほとんど新品なんでどちらも綺麗なもんですが、スプリングの下の部分を見ると、これはいただけませんねぇ。



4b.jpg




ほぼ通勤オンリーで1000km走行でこれだけオイル出てたんじゃ、時期にダンパーも効かなくなり、乗り物酔いしそうなフワフワサスになる所でした。



もちろんクレーム交換ですが、自費で換えると4万少しするようです(~~;

国産品でも壊れる時は壊れますね(^^;





交換後も乗り味にはそれほど変わりは無かったので、まだ初期症状だったようなので良かったです。


さて、今夜は雨。


明日は久々にGS出動となりますかな!?





ランキング参加中~
ポチって行って下さい~

             にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

そんな所でもオイル漏れ、あるんですね。
昔のバイクのフロントはダンパー不良で
オイルにじみは良くありました。
クレームで交換出来てよかったですね。
1000km走行でそれだけの出費だとキツイですよね。

メカ好きおじさんへ

フロントは砂などでシールがダメージ受けて漏れるの良くありますけど、それでもある程度走ってからですからね。
通勤程度でこれでは少し心配になります。
でも、ハーレーも同じくですが、保証期間は何が出てもたいてい無償で直るので安心ではあります。
もう出無いに越した事無いですけど(^^;
非公開コメント

プロフィール

仙人&チョコ

Author:仙人&チョコ
BMW G650GSとF700GSで夫婦で四季の景色を探して走ります。
時々SEROWx2も出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム