G6のバッテリー

先週、家の前まで出たものの、エンジンかからずついに2ヶ月動かぬままへと突入したG650GS。

再度充電かけると言うのも考えたけど、去年から乗る前は毎回充電してからが続いていたので、ついにバッテリーを購入する事にしました!



もともと付いているBMWマーク入りの開放型バッテリー。

同じものを手に入れるのも面倒なので、そこそこ信頼できて安い目の物を探していた。


出来ればメンテナンスが簡単なMFバッテリーがよかったけど、あのサイズに収まる丁度いい容量の物が見当たらなく、同じ型の開放型を見つけました。


よく聞くメーカー YUASA

しかし、今は2種類あるようだ。



信頼のある高めの GS YUASA

そして

少し安価な 台湾 YUASA
 


色々な事を耳にするが、今回は安価な方の台湾YUASAにしてみた。



IMG_7277bb.jpg





梱包のデザインもかなりシンプル

バッテリーのデザインも、なんだか安価な匂いがぷんぷんします(^。^)




IMG_7278bb.jpg



液を入れて少し充電したらすぐに使えるので、次に乗る前に液を入れようと思います。



そして、少し使うとよく液が減るという開放バッテリーの問題。

たまにバッテリーを外して横から見て確認しないとわからない場所に付いているだけに、かなり面倒でした。



そこで、今回からそれを簡易的に出来る物を購入してみました。




スポイト



IMG_7280bb.jpg




ちょっと大き目を買ってしまったけど、それでも使えます。スポイト


どう使うかと言うと、最初にバッテリーの上面からバッテリー液の上のレベルまでの高さを計っておいて、スポイトの吸い込み口からその高さ分の印を付けておきます。

そして、使い始めたG650GSのバッテリーを組みつけたままで上の蓋だけを開けスポイトを上記の印を付けた所まで差し込む。


吸い上げてみて、すいこまないようなら補充液を吸い込むくらいまで入れます。

これを液の入った6か所確認したらOK。



IMG_7281bb.jpg




つまりはバッテリーを外さないままでバッテリー液の確認ができると言うものです。


うまくいくかはやって見てのお楽しみですが(^_^;)


しかし、センタースタンドの無いG650GS、うまく計れるかな~


センタースタンドそろそろ欲しいけどな~(・へ・)


この方法は、しばらくたってからやってみるので、少し先に報告できるかと思います。


さて、次回G650GSが動くのはいつになるのやら。


準備ばんたん、さてどうしましょ。



春近し準備運動中~
ポチって行って下さい~

             にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村



おまけ

IMG_7276bb.jpg

そろそろ散髪だね^^



スポンサーサイト

プロフィール

仙人&チョコ

Author:仙人&チョコ
BMW G650GSとF700GSで夫婦で四季の景色を探して走ります。
時々SEROWx2も出動♪

  にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム