FC2ブログ

冒険の道 細川柱本トンネル

最近友人が行った場所の話を聞いて、そういえばその近くに長いこと行って無い面白い所があったなぁと思い出した。



細川柱本トンネル




トンネルが面白いと言うのもなにかピンとこないとは思います。



つまり、


ぎりぎり通れそうなトンネルと言う感じの所なんです(^^






そこは、大阪から和歌山に抜ける国道の峠がある場所から逸れた場所にあります。





見つけたのは7年前。



これは行かなくては!と、当時乗っていたヤマハのTENERE660と言うオフ車で向かいました。



峠の集落には小さい看板があり、その時は、かろうじてその姿をとどめていました。






見つけた~!この看見つけにくい!!!b






当時とて、そのトンネルが本当に通って大丈夫なのか?と思うほどの物。




集落から田んぼの横のコンクリ舗装を進んで行くと






こんな道を来ましたb







突然山肌に黒い穴が見えた!(@_@;)






だだ~~~ん!☆!でた~~~b






その姿がこれです





tene2.jpg






見るからに、何のためのトンネルなんだ?と言う感じだが、向こう側に抜けているのが見えた。




反対側がどうなっているのかわからなかったが、その頃はとにかく冒険好きで面白そうな所には躊躇なく進んで行った。


トンネルの入り口は石積みで補強されているが、中に入ると岩を削り通したままのトンネルだった。





出口がなぜか少し見えたり・・・b





頭ぎりぎりにガタガタきゃ~~b







tene3.jpg




もうワクワクしてました♪





いつ崩れるかもわからなそうなトンネルに、出来るだけ単気筒の響く音を出さないように身を縮めながら、でも心躍らせながら抜けていった。



その先は、ほとんどほったらかされたままの林道ダートで下っていた。


標識がある事に、道路として認識されている事がわかる







と、あっさり抜けました(^^b






出る前に記念写真撮って、惜しみながらその先を楽しんだ


tene1.jpg






今見ると、入った側に比べて、出た側の方が高くなっているように見えます。


入る時の威圧感?圧迫感はかなりありましたからね。







小さい川のトンネル発見!b








あれから、また行こう行こうと思いながら年月が過ぎ、今、冒険にふさわしいGSに乗っているのだからまた行ってみようと調べてみた。




ところが、出てくる記事は数年前から通行止めの物ばかり。


やはり他にも好き者はいるようで(^^;沢山の方がブログなどに書いている。


中には同じ1200GSでトンネルの前まで行かれた方も居た。




そのトンネルの中で一部崩れた場所がある様で、復旧を待つ状態の様子です。





ですが


特に重要な道でもなく、利用頻度もほぼ無いに等しく、観光のトンネルとなっていた場所。

取り急ぎ近所の住人にとっても困らない様なので、ここが復旧するのかも怪しい場所になっていた。



明治時代に作られたままの姿



そのトンネルの中を補強してただのトンネルになってはあの冒険心はくすぐられない


残念だが、このままの姿の方が自然なのかもしれない。


でも、近々見るだけ行ってみようかな~^^




ここ数年の異常気象の影響で、昔の面影が消えた場所が少なくないのは悲しい事です。





ランキング参加中~
ポチって行って下さい~

             にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






スポンサーサイト



プロフィール

仙人

Author:仙人
BMW GSとYAMAHA SEROWで四季の景色を探して走ります。
そして時々HUSTLERも出動♪

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム